読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

違和感に敏感でいたい

f:id:sexrex:20161007193315j:image

 

初めましての方、初めまして。

毎度の方はどうもこんばんは。

SexRexのボーカル、リカです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

バンドブログも3週間目。

3回目は私が担当させていただきます。

 

ちょっと前に比べるとだいぶ価値観が多様化してきましたね。

個性の時代だと言われ続けて、そんなにぴんとこなかった私も最近やっと、ホントにわかれきってて追っかけるのにも限界ある世の中になったなぁと思います。

 

だからこそ、マイノリティーにスポットが差し、いろんや生き方や価値観が少しずつ認められ出したことは素晴らしいことだと思います。

 

けど、細分化されているようで、実は一様に似たようなものになってきていないか、なんだか怖い価値観が多くはびこってないか、と感じることも多いです。

 

細分化されすぎたから、どの価値観もありだから、他人にどう関わっていいかわからないのでしょうか。

 

人を人とも思わないやりとりが、怖いなと感じます。

 

こないだ、めちゃくちゃ並んだ飲食店レジの店員さんとお客さんたち、見てたことがあったんです。

 

社員教育がしっかりしてるお店で、店員さんは皆笑顔でとても丁寧な対応をしてました。

感じがいいし、気持ちもこもってる。

 

その店員さんに無機質な顔してにこりともしない、品物のオーダーだけしてその他一言も喋らない人、まー多かった。というかほとんどそうでした。

 

笑顔で「ありがとう」って受け取った人、1人だけ、でした。

 

さっきまで隣の友達とにこやかに喋ってた人ですら、無機質な顔してレジに立つ。

 

なんだか、怖いです。

 

仲間内、以外はみんな他人。

いや他人ですらない、ロボットか何かだと思ってるみたい。

 

だから、SNSなどで他人や芸能人をあそこまで叩けるのでしょうか。

 

 

最近対バンすることの多い若い世代のバンドさんやアイドルさんたちにも似たようなものを感じます。

 

いや、みんながみんなそうじゃないと思いたいです。たまたま、そういう人たちに出会ってしまっただけだと思いたい。

 

話すと、いい人たち。

でも、そうじゃないとロボット。

 

そんなお客様たちも自分たち目当てのバンドが終わるとさっさと帰るかドリンクブースで対バン終わるのをスマホいじって待ってる。

 

 

そういう流れになってきてますね。

 

そういう流れに触れると、心底ぐったりするのです。

あれはなんなのかな。

内臓から力が抜け落ちるような感覚。

自分の無力さを痛感してしまう。通用しない感ハンパない。

 

昔至上主義、なわけじゃないですよ。

今の若者はー、なんてごねる気もない。

 

結局、手段はなんであれ、仲間たくさん集められた人たち、共感者を数多く集められた人たちが生き残る時代になったということです。

 

そっぽ向いてたお客様を振り向かせる自信が、自分にはあった。

飽きさせない技や腕を磨いてきた。プロとしての姿勢も歌心も。

でも、はなから見てもらえない。

興味ないとどうでもいい人たちを前にして、どうやってファンを増やすか。

 

今の時代にあった、振り向かせ方を追求しなければ。

 

我々の握手はもちろん無料です。

チェキも写メも。そこに価値を、発生させたくない。

音楽で、伝えたい。MCや発信源で、魅せたい。

CDが売れない時代に阿呆かもしれません。

愛を、伝えていきたいです。

愛するゆえの様々を、伝えていきたい。

 

SexRexですから。

セックス、っていやらしい上澄みの部分だけで止まって欲しくない。

 

音楽で、魂で、触れ合って一つになりましょう、という意味です。

 

セックスですから柔らかい部分擦れて痛いこともあるかもしれない。

でも、私は、逃げないから。

聴いてくれるなら、最後まで愛する。

あなたを、どこまでものみこむ。

 

私たちは本物に憧れてやまないです。

本物になりたくて頑張ってます。

ファンタジーじゃない。ファンタジーそのものになりたい。それが本物だと思います。

 

どうか、応援してください。

 

今の流れに違和感を感じ、なんか違うんじゃないかと思う人はきっとたくさんいるんじゃないかと。

 

共感してもらえたら嬉しいです。

 

そして、私たちは、鳴り止みません。

鳴らし続けて訴え続けていきます。

 

 

どうか、これからも、よろしくお願い致します。

 

SexRex リカ